虫刺されでステロイドの薬はどの種類がいいの?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺されでステロイドの薬はどの種類がいいの?

ステロイドの塗り薬は、塗る場所によって適した強さのものを使用する必要があります。
それを間違えると効果が得られなかったり、皮膚が薄くなってしまうなどの副作用を起こしたりする恐れがあります。

 

ステロイドはアレルギーを抑える代わりに皮膚の細胞増生も押さえてしまう働きがあります。適切な強さ・量・使用目的の範囲内で使っていれば問題ないのですが、必要以上に強いものを長期に使っていると皮膚細胞の増殖が抑制されて皮膚が薄くなってきます。

スポンサーリンク




強さの分類は、必ずしも副作用の大きさに比例するわけではないのですが、作用が強いほど使用には注意しなければならないというのは事実です。

 

薬によってかゆみを治していくのが効果的です。蚊によるかゆみ症状が現れた時の効果的な薬を知っておくと、あの激しいかゆみ症状を軽減して治していくことができるでしょう。

 

「ステロイド薬」は痛みや腫れ、炎症を抑えるのに良く効く薬です。
市販の虫刺され用の外用薬には、酢酸デキサメタゾン、酢酸ヒドロコルチゾンなどが一般に配合されています。

 

子供用の虫刺されの薬で個人的におすすめなのが、ムヒパッチです。患部に直接張るため悪化を防ぐことができ、抗ヒスタミン剤が有効に作用するためかゆみを押させることもできます。

 

乾燥肌がおさまれば塗る回数を減らしたり、中止してもかまいません。冬に肌が乾燥する方は、秋から保湿剤を塗っておけば乾燥肌の予防になります。まれにヒリヒリしたり、赤くなったりすることがあります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺され【ステロイドは市販薬でも大丈夫なの?】

市販薬では、湿疹・アトピー性皮膚炎・虫刺され・かぶれ・火傷などの外用薬や、痔のお薬などに配合され、患部の炎症を抑える成分として活用されています。軽いあせも・虫刺...

≫続きを読む

幼児の虫刺されにステロイドは絶対使ってはいけない?

ひとくちに“虫刺されの薬”といっても、その成分はいろいろです。いちばんロングセラーな「ムヒS」というやつは、主成分がかゆみ止めです。ステロイド成分は入ってないの...

≫続きを読む

蚊の虫刺されにステロイドは逆に悪化しないのか?

蚊に刺されて辛いのは、あとから襲ってくる赤み・腫れ・かゆみ。これは蚊が皮膚に残していった唾液成分に対するアレルギー反応です。ステロイドはアレルギー性の炎症を和ら...

≫続きを読む

虫刺されでステロイドの薬はどの種類がいいの?

ステロイドの塗り薬は、塗る場所によって適した強さのものを使用する必要があります。それを間違えると効果が得られなかったり、皮膚が薄くなってしまうなどの副作用を起こ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク